Interface(株式会社インタフェース)
ログオン / ユーザID登録
困っている方の駆け込み寺
Made in 日本
新着情報 製品検索 購入方法 会社概要 資料請求
 
>>How toのTopへ

ターミナルエミュレータ(minicom)を使用するには 最終更新日:2005/12/20
 
このHow-toは、CPZ/CTP-SH03にシリアルポート経由でログインする際に必要な、ターミナルエミュレータソフトとして、minicomを使用するための初期設定の手順を説明します。
今回使用したパソコンは、弊社FAコンピュータ(PCI-PM11A3)。
ディストリビューションは、Red Hat Enterprise Linux ES 4とDebian GNU/Linux 3.1です。
注) telnetでrootアカウントでのログインを許可すると、セキュリティホールとなる懸念があります。
本設定を行って生じた如何なる損害も弊社は保障致しません。

  1.  minicomの初期設定
    (1)  minicomの起動
コンソールでminicomと入力して、Enterキーを押下します。
#minicom
※ もし起動しない場合は、「3.minicomのインストール」を参照して、インストールを行って下さい。
    (2)  設定メニューを開きます。
CTRL+Aを押下してキーを離した後、続けてOキーを押すと「configuration」メニューが開きます。
    (3)  シリアルポートの設定メニューを開きます。
カーソルキーで「Serial port setup」を選択して、Enterキーを押下します。
    (4)  シリアルポートを設定します。
         A - Serial Device : /dev/ttyS0
   B - Lockfile Location : /var/lock
   C - Callin Program :
   D - Callout Program :
   E - Bps/Par/Bits : 115200 8N1
   F - Hardware Flow Control : No
   G - Software Flow Control : No

      シリアルポートのパラメータが、上の表示と同じ設定になるようにします。
a) Eキーを押して、「Comm Parameters」メニューを開きます。
     
   Current: 115200 8N1

Speed Parity Data
A: 300 L: None S: 5
B: 1200 M: Even T: 6
C: 2400 N: Odd U: 7
D: 4800 O: Mark V: 8
E: 9600 P: Space  
F: 19200   Stopbits
G: 38400   W: 1
H: 57600   X: 2
I: 115200 Q: 8-N-1  
J: 230400 R: 7-E-1  

      b) Iキーを押して、Speedを「115200」に設定します。
c) Lキーを押して、Parityを「None」に設定します。
d) Vキーを押して、Dataを「8」に設定します。
e) Wキーを押して、Stopbitsを「1」に設定します。
f) ESCキーを押してメニューを終了させます。
g) Fキーを押して、ハードウェアフロー制御をNoに設定します。
h) ESCキーを押してシリアルポート設定メニューを抜けます。
    (5)  設定を保存して、設定メニューを閉じる。
カーソルキーで「Save setup as dfl」を選択して、Enterキーを押します。
設定が保存されますので、カーソルキーで「Exit」を選択して、Enterキーを押します。

以上で初期設定が完了しました。
次回起動時は、この初期設定が適用されます。
シリアルケーブルでCPZ/CTP-SH03のシリアルポートを接続してOSを起動すると、Linuxコンソールが表示されます。

  2.  minicomの終了方法
    (1)  CTRL+Aを押下してキーを離した後、続けてQキーを押すと「Leave without reset?」のメッセージと「Yes」「No」が表示されます。
    (2)  「Yes」が選択されている状態でEnterキーを押下すると、minicomが終了します。

  3.  minicomのインストール
<Red Hat Enterprise Linux V.4>
    (1)  Red Hat Enterprise Linux V.4のDISK2をCDドライブに挿入します。
    (2)  DISK2をマウントします。
#mount /dev/cdrom
/media/cdrecorderディレクトリにCDがマウントされます。
※ マウント出来ない場合は、以下の様にマウントポイントを指定してマウントして下さい。
#mount /dev/cdrom /mnt
    (3)  minicomパッケージをインストールします。
#rpm -ivh /media/cdrecorder/Redhat/RPMS/minicom
    <Debian GNU/Linux 3.1>
      [apt-getコマンドが使える場合]
#apt-get install minicom
      [apt-getコマンドが使えない場合]
Debianのwebサイト(www.jp.debian.org)からminicomのパッケージをダウロードして、dpkgコマンドでインストールします。
#dpkg -i minicom_2.1-9_i386.deb

上へ


© 2017 Interface Corporation. All rights reserved.
産業用パソコン
Classembly Devices®
  ・省エネ
  ・車載
  ・SuperCD
  ・スリムタワーCD
  ・タッチパネル
  ・ハイグレード
  ・エコ
  ・I/O CD
I/O付きCD
  ・ビギナーズ
  ・ソルコン
  ・タフコン
  ・I/O付きタッチパネル
  ・マザコン
FAコントローラ
  ・長期安心
  ・スロットイン
  ・分散処理

インタフェースモジュール
・PCIバス
・PCI Express
・CompactPCIバス
・光のぞみLine®
・拡張ユニット
・アクセサリ
  (ケーブル, 端子台, メディア他)

・ソフトウェア

ソリューション
・電気自動車 急速充電器
  プロトコルモニタ(CHAdeMO)


お得なキャンペーン/特集
・少額資産に収まるコンピュータ
・10万円以下!FAコントローラ特集!
・クラシック販売
・リファービッシュ販売(メーカー再生品)
・最大50%OFF 特別キャンペーン
・電子部品販売

AJAN®
・AJAN®
製品を選ぶ
・スペック検索
・用途/使い方
・産業用コンピュータの特長
・新製品
・瞬低対策用電源装置
・広告一覧
・拡張バス付きコンピュータ
・コンピュータ性能マップ
・DOSが動くコンピュータ特集

サポート
・ダウンロード
・営業訪問依頼
・購入する
・販売店情報
・海外で購入
・製品貸出サービス
・コラム集
・FAQ検索
・各種規格について
・新着情報
・サイトマップ
・個人情報の取扱について
・Web siteへのご意見
・ユーザID登録
  ログオン / ログオフ

海外
・Subsidiary & Distributor in U.S.
   Interface Amita Solutions