Interface(株式会社インタフェース)
ログオン / ユーザID登録
新型コロナウィルス感染症対策「新・緊急対策室」はこちら
Made in 日本
新着情報 製品検索 購入方法 会社概要 資料請求 製品保証規定
株式会社インタフェース|FAQ No.273 : マルチプレクサ方式のADボードでチャンネル間干渉が発生する。
戻る
FAQ No. 273最終更新日:2020/11/18

◆質問・現象[ Symptoms ]

マルチプレクサ方式のADボードでチャンネル間干渉が発生する。

◆回答・対策[ Solutions ]

AD変換を開始するタイミングが、チャンネル切り替え後の不安定期間の場合、
チャンネル切り替え干渉が発生し、AD変換値に影響します。

「安定期間中にAD変換を開始させる」または、「不安定期間を短くさせる」ことにより
対策してください。

詳細は下記ページでご確認ください。
http://www.interface.co.jp/catalog/ad_mux_note.pdf


※スキャンクロックを設定できない製品の場合
例えばPCI-3155はAdStartSampling関数で複数のチャンネルをサンプリングする
場合、チャンネルを切り替えてから7.9µs後にAD変換を開始し、2.1µs
でAD変換を行います。
チャンネル切り替え時間は7.9µs固定で、変更することはできません。

チャンネル間干渉は、切り替え前のチャンネルの電圧と、切り替え後の
チャンネルの電圧の差が大きいほど、影響が大きくなります。
影響を小さくする方法としては、連続するチャンネルの入力信号を並列
に接続する方法がございます。
並列接続された前のチャンネルのデータは読み捨て、後のチャンネルの
データを取得するという方法です。
具体的にはシングルエンド入力の場合は
1番ピン(AIN1)と3番ピン(AIN2)を短絡して同じ電圧を入力、
5番ピン(AIN3)と7番ピン(AIN4)を短絡して同じ電圧を入力
することで、チャンネルがAIN1に切り替わった時点でアナログ入力回路の
電圧がAIN1およびAIN2に入力している電圧に変化し始め、AIN1のAD変換の
タイミングでは目的の電圧に変化しきれていなくてもAIN2に切り替わって
からAIN2のAD変換をするタイミングまでには目的の電圧に変化しきっている
ことを期待する方法です。

または、AdInputAD 関数を1チャンネル毎に実行し、チャンネル間のサン
プリング間隔を開ける方法があります。
ADInputAD 関数の仕様は、実行した時点でチャンネルを切り替え、60µs
後にAD変換する仕様となっています。
ADInputAD 関数をチャンネル毎に2回ずつ実行し、1回目と2回目の間隔を
開けることで、チャンネルを切り替えてから電圧が安定するまでの時間
を確保することができます。
1回目のサンプリングデータは取得せず、2回目のデータを取得します。


◆使用OS[ Operating system ]

all(OSに依存しない)

◆対象製品型式[ Product Part Number ]

CBI-320412, CBI-320412TK, CBI-320412TL, CBI-320412TR,
CBI-320416, CBI-320416TK, CBI-320416TL, CBI-320416TR,
CBI-360112, CBI-360112TK, CBI-360112TL, CBI-360112TR,
CBI-360116, CBI-360116TK, CBI-360116TL, CBI-360116TR,
CPZ-3126, CPZ-3133, CPZ-3135, CPZ-3165,
CPZ-3167, CPZ-3168, CPZ-3170, CPZ-3171,
CPZ-3172, CPZ-3173, CPZ-3174, CPZ-3175,
CPZ-3177, CPZ-3182, CPZ-3183, CPZ-320412,
CPZ-320416, CPZ-3521, CPZ-3522, CPZ-3523,
CPZ-360112, CPZ-360116, LPC-321116, LPC-321216,
LPC-321316, LPC-321416, LPC-361116, LPC-361216,
LPC-361316, LPC-361416, PCI-3126, PCI-3133,
PCI-3135, PCI-3153, PCI-3155, PCI-3165,
PCI-3166, PCI-3168C, PCI-3170A, PCI-3171A,
PCI-3172A, PCI-3173A, PCI-3174, PCI-3175,
PCI-3176, PCI-3177C, PCI-320112, PCI-320412,
PCI-320416, PCI-3521, PCI-3522A, PCI-3523A,
PCI-360112, PCI-360116, PCI-360216, PEX-321116,
PEX-321216, PEX-321316, PEX-321416, PEX-361116,
PEX-361216, PEX-361316, PEX-361416, PEX-H3177,
他マルチプレクサ形式のアナログ入力製品


© 2022 Interface Corporation. All rights reserved.
産業用パソコン
Classembly Devices®
  ・省エネ
  ・車載
  ・SuperCD
  ・SuperCD mini
  ・スリムタワーCD
  ・タッチパネル
  ・ハイグレード
  ・エコ
  ・I/O CD
I/O付きCD
  ・ソルコン
  ・タフコン
  ・I/O付きタッチパネル
  ・マザコン
FAコントローラ
  ・長期安心
  ・スロットイン

CoolIOs®
・EtherCATスレーブ
CoolUSBs®
・USB2.0(Type-C)接続
インタフェースモジュール
・PCIバス
・PCI Express
・CompactPCIバス
・光のぞみLine®
・拡張ユニット
・アクセサリ
  (ケーブル, 端子台, メディア他)

・ソフトウェア

ソリューション
・ネットの番犬☆通さん犬
・CoolMasters
・電気自動車 急速充電器
  プロトコルモニタ(CHAdeMO)


お得なキャンペーン/特集
・即納在庫あります!
・少額資産に収まるコンピュータ
・10万円以下!FAコントローラ特集!
AJAN®
・AJAN®
フィールドネットワーク
・EtherCAT
製品を選ぶ
・スペック検索
・用途/使い方
・産業用コンピュータの特長
・新製品
・瞬低対策用電源装置
・広告一覧
・拡張バス付きコンピュータ
・コンピュータ性能マップ
・DOSが動くコンピュータ特集

サポート
・ダウンロード
・営業訪問/Web会議 依頼
・購入する
・販売店情報
・海外で購入
・製品貸出サービス
・コラム集
・FAQ検索
・各種規格について
・新着情報
・サイトマップ
・個人情報の取扱について
・Web siteへのご意見
・ユーザID登録
  ログオン / ログオフ

海外
・Subsidiary & Distributor in U.S.
   Interface Amita Solutions